« 当作家展示会情報:福来美々 8月 | トップページ | 残暑は暑いザンショーっ »

2007年8月23日 (木)

和樂 愛の劇場 パート2

若い男女がお店にいらっしゃいました。

硬派な感じの男の子と甘えん坊そうな女の子。

女の子が「可愛い~♪」とお店をくまなく楽しんでおいででした。

男の子は付き添いながら合いの手を入れていました。

ふと動きが止まり一点集中、白い手作りスカートに魅入られる女の子。

小声の男の子「いっぱいもってるじゃん」

小声の女の子「だって、こういうの今ほしいんだもん」

小声の男の子「今日は見るだけっていったよな」

小声の女の子「・・・」

女の子は、スカートを自分に合わせてみたり、鏡で確認したり。お悩みでしたな。

男の子「そろそろいくぞ」

女の子「・・・ウン」

先に出た男の子の後を追うように女の子は小走りに退出。

店守『スカート 夢の中に出てきちゃったらお嫁にもらってね~♪』なんてウイウイすぃカップルを見送りました。

10分後くらいでしょうか、「これを下さい!」

店守「はい、いらっしゃいませ~」

ふと顔を見上げると、先ほどの男の子がスカートを持っていました。

店守「先ほどお悩みだった・・・」

入口付近に目を赤くした女の子がこちらをのぞき見ていました。

店守こっそりと「男はつらいよ、ですな~」

男の子苦笑い「そ~ですね~」

店守「お似合いですよ。うん!この子(スカート)も末永く可愛がってくれますよ!」

男の子「僕もそう思いましたので」

お会計を済ませ、入口付近で待っていた女の子に「はい、これ」っと手渡しました。

女の子は男の子をじっと涙目で見つめてうなずき、男の子とお店をあとにしました。

実況で恐縮ですが、2人の距離感がとても心地よかったのでございます。

しかし男子たる店守、ここで人生その1というものを学ぶのでございます。

彼氏は、彼女にかわいい格好をしてくれると嬉しい。

彼女は、彼氏とのデートに最適なもの、そして今の自分に見合うものを身に付けることに喜びを感じる。

彼氏は、彼女にプレゼントをするのが嬉しい。

彼女は、彼氏にプレゼントされるのが嬉しい。

彼氏は、甘えられることが嬉しい。

彼女は、甘えることが嬉しい。

う~~~~~ん

勝手な解釈をする店守でございますが、男子たるものシノゴノ言わず、どーんとかまえて女子を受け止めなければなりませんな。

平和の為なのでございますYO哉(笑)

(ん?このようなカキコミでもいいのでしょうか??)

今もあのスカートはお気に入りのひとつでいるのでしょうな~ 合掌

作家紹介です。

シルバー&革細工作家:cuoio217

Cuoio21711 Cuoio217111 Cuoio21712






最近 パーパになられたそうでございます。

元気な男子との報告を受けました。

おめでとうcuoio217!!

独身の時には ぶぃぶぃ と世渡りをしていたのでしょう 彼もパーパでございます。

あの頃が懐かしいねパーパ♪

ぎゃらりー和樂 7年の月日が経ちました。

ここ2,3年で結婚&出産との報告が多いのでございます。

皆々様のご多幸をお祈りさせて頂きます。。

|

« 当作家展示会情報:福来美々 8月 | トップページ | 残暑は暑いザンショーっ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52369/7646558

この記事へのトラックバック一覧です: 和樂 愛の劇場 パート2:

« 当作家展示会情報:福来美々 8月 | トップページ | 残暑は暑いザンショーっ »